【山口和宏】チーズボード くり 27×9.5
601e47356e84d528d2d57964 601e47356e84d528d2d57964 601e47356e84d528d2d57964

【山口和宏】チーズボード くり 27×9.5

残り2点

¥2,970 税込

送料についてはこちら

【山口和宏】チーズボード くり 27×9.5×0.55 木工作家の山口和宏さんの作品です。 食卓で、チーズや小ぶりな果物などをその場で切り分けながら、そのままお皿としても使えるチーズボードです。生ハムやオリーブなどのおつまみのお皿としても。くり材は重硬で、耐湿性・耐久性が高い材質です。軽くて薄く、手軽に使用できてタフなチーズボードです。 木目や表情は一つ一つ異なります。 〈お取り扱い、お手入れなど〉 ・水につけ置くことはせず、柔らかいスボンジなどでお好みで薄めの洗浄液か水洗いでよく濯いでください。 ・洗い上げた後に布巾で高台内の水分などよく拭き上げてから仕舞ってください。(細部まで拭きやすい、百草オリジナル 太番手ガーゼタオルの大判ハンカチがお勧めです。) ・電子レンジ、食洗機はご使用にならないでください。 ・冷蔵庫に入れないでください。 ・表面のツヤがなくなったらミツロウワックスやオリーブオイルなどをいらなくなった布につけて薄く表面に塗って1日程乾かしてからご使用ください。天ぷらやペペロンチーノなど油を使ったお料理に定期的にご使用いただくと、自然なツヤを保ちながらご使用頂けます。 ・破損された場合や、何かございましたら百草までお問い合わせ下さい。 ●「2021百草年 百草冬百草展」 DM文章より 年の初めに色々なもの(百種)をご覧いただく展覧会を「百草冬百種展(ももぐさ ふゆの ももくさてん)」と名付け、2001年から始め今回で21回目となります。 2021年は東北大震災から10年、また一年前は予測していなかったコロナ禍ですっかり別次元の時代となり、行き先も不明・不安な幕開けです。ただコロナ禍がきっかけとなり、大切な事や真に必要なものに気づかされたように思います。当たり前だと思っていた様々なことへの感謝、人と会えることや、直にものを手に取り、使い、身につけ、味わうことの豊かさ。今年の百草冬百種展は、そんな原点に帰り、いつも、ずっと身につけていたいもの、使い続けたいものを変わらず作る旧来の仲間やその縁で繋がった皆さんの尊い仕事を、有り難さと喜びを分かち合いご紹介したいと思います。同時に、全ての作り手の皆様と使い手のお客様の存在のおかげで今が在ることにも、深く感謝しております。 ●山口和宏 プロフィール 1956年生まれ 1986年 福岡県うきは市で木工をはじめる。素材のもつ特性を大事にしながらデザインし、カッティングボードやパン皿、トレーのほか、テーブルや椅子の家具などの制作をしている。 2018年 木工品と喫茶のお店jingoroをオープン。jingoroは祖父の名前です。